開業に必要となる費用


宅建業の開業に必要となる初期費用は宅建協会さんのホームページに掲載されている情報によると以下のようになっています。

事務所賃貸関係費
70万円
事務計器費 70万円
事務所備品・通信関係費 20万円
会社設立・宅建手続き費 40万円
業界団体関係 200万円
合計
400万円
※業界団体関係のところに弁済業務保証金分担金等の宅建業免許取得のための費用が含まれているものと思われます。

もちろん、これは全てをゼロから揃えるとした場合の費用であって、パソコンや事務用品について私物をある程度、流用することができるのであれば、もっ と費用を抑えることも可能です。

ちなみに私自身の場合など、自宅開業であったこともありますが、全てで220万円程度しかかかっていません。

まあ、単純にお金がなくて、お金をかけたくてもかけられなかっただけではありますが。(笑)

そういう意味では宅建業免許取得のための費用以外の費用については、かけられる範囲でかけるという発想であっても、充分、宅建業者としてスタートを切 ることは可能です。

むしろ、足りないものは後から買い足せばよいというぐらいの発想の方が、無駄なお金を使わずに済むのではないかと思います。

なお、現在、車を所有されていない方については、これら以外に車を購入する費用がかかってきます。

お客様を物件に案内するためのものですね。

小型の中古車であれば、おそらく諸費用込みで50万円ぐらいで、購入できるはずです。


小規模事業者向けの集客法を
学べる無料メールマガジン

スモールビジネス
集客戦略講座

低予算・低労力で毎月、確実にお客さんが増えていく仕組みの作り方を無料でお伝えしています。
現在の集客状況を改善したいとお考えの方は是非ともご登録下さい。
登録は今すぐコチラから

経験ゼロでもムリなく稼げる!
小さな不動産屋のはじめ方




過去4年で6刷を数えるロングセラー。お客様に自然に選ばれる「ビジネスモデルの考え方・作り方」を学びたい方は是非、ご購読下さい。
低予算でもムリなくムダなく集客できる!小さな不動産屋の儲け方



安定的・半自動的な「集客の仕組み作り」を学べる本。従来型の不動産屋さんの集客法に限界を感じている方に自信を持ってお勧めします。
Page top icon