ホームページの準備を行う。

事務所内の整備、備品の準備等と共に免許証の交付を受けるまでの間に必ずやっておかなければならないのがホームページ開設の準備です。

ホームページは既に不動産業界においても集客の手段として中心的な地位を占めるものとなっています。

そう、現代において不動産屋としての成功をおさめるためにはホームページで集客できることが必要不可欠なのです。

ホームページが「ただあるだけ」という悲しい存在にならないよう、しっかりと集客できる仕組み作りをやっていきましょう。

ホームページは一度は自分で作ってみるべき

ホームページについては、いわゆるホームページ作成業者に外注することもできますが、できれば最初は自分で作ってみる方が良いでしょう。

ホームページのことを何もわからないまま、外注してしまうと見ばえはいいけれど、集客には効果をほとんど発揮しないいわゆるダメホームページが出来上 がってしまう可能性が高いからです。

いずれは外注するにしても、まずは自分で作ってみることによってホームページに関することを学び、主体的な運営ができるようにしておきましょう。

ホームページでやるべきこと

一般的に不動産屋さんのホームページは「物件情報を掲載することにより、お客さんから問い合わせをもらう」ことを目的に運営されています。

しかし、私は基本的にこの方法で集客することは賢いやり方ではないと思っています。

ヤフー不動産等の物件情報についてのポータルサイトや大手不動産会社の物件情報サイトが存在している中で小さな不動産屋が物件情報について問い合わせ をもらうことは決して簡単なことではないからです。

では、どうするべきなのか。

私は小さな不動産屋さんの場合、まずはホームページ内でリスト(お客様の名前とメールアドレス)をとることに集中するべきだと考えています。

まずはリストをとっておいて、事後にメール等でお客様に対して、アプローチをすることができるようにしてしまうのです。

これなら、物件情報についてのポータルサイトや大手不動産会社の物件情報サイトと直接的な競争をする必要はありませんし、まして、サイトへのアクセス を無駄にすることがありませんよね。

サイトへのアクセスは通常、その場限りのものですが、リストがあればこちらから必要な時に何度でもアプローチすることができるのですから。

ベタな昔話で恐縮なのですが、江戸時代の商人は店が火事になると、まずは顧客名簿=リストを持って逃げたそうです。

そう、彼らはリストさえあれば、何度でも商売をやり直せることを知っていたのです。

長くビジネスを続けるためにも、今すぐ問い合わせをもらうことより、まずはリストを取ることに集中することをおすすめします。

※ちなみに問い合わせをもらうことを目的としない場合にも、ホームページ内には物件情報を掲載する方が望ましいです。
これは物件情報がないホームページが検索結果で上位表示することが難しくなってきているからです。


小規模事業者向けの集客法を
学べる無料メールマガジン

スモールビジネス
集客戦略講座

低予算・低労力で毎月、確実にお客さんが増えていく仕組みの作り方を無料でお伝えしています。
現在の集客状況を改善したいとお考えの方は是非ともご登録下さい。
登録は今すぐコチラから

経験ゼロでもムリなく稼げる!
小さな不動産屋のはじめ方




過去4年で6刷を数えるロングセラー。お客様に自然に選ばれる「ビジネスモデルの考え方・作り方」を学びたい方は是非、ご購読下さい。
低予算でもムリなくムダなく集客できる!小さな不動産屋の儲け方



安定的・半自動的な「集客の仕組み作り」を学べる本。従来型の不動産屋さんの集客法に限界を感じている方に自信を持ってお勧めします。
Page top icon